検索

ソーシャルワーク研究会便り15

2022.5.5

中川文奈


 この度は貴重な機会をありがとうございました。私自身がとても勉強になった時間でした。

 子どもたちと過ごす日々は臨機応変に対応する能力が求められるものですが、実際はチームで動くもの。目的を統一していかなければならず、自分が子どものためにと思ってやったことに対して怒られることは多々ある。自信が持てない日々がずっと続いている。挑戦ばかりで常に緊張感もあり、頭が痛くなることも多い。そんな中で「頑張ろう」と奮い立たせてくれるのはやはり子ども達である。目の前にいる子ども達は、小さな体で、私よりずっとずっと壮絶でつらい日々を送っていた。それなのに、朝起きて、ご飯を食べて、笑って、楽しそうに遊んで、安心しきった顔で眠ってくれている。そんな姿を見ると、私はとたんに安心して、救われてしまう。そんな子ども達に、「生きていてくれてありがとう」と直接言えることは私にとっての最大の救いである。

 未熟な自分に、プロである自覚はあるのか、ソーシャルワーカーとしての自覚はあるのか、自分自身にも問いましたが、何度考えても答えはNo。ただ、子ども達にはいつだって責任を持って接している。だから、本気で悩んで、苦しんで、時には一緒に泣いている。経験のない私が子どもたちにかけられる言葉なんてほとんどない。だけど、一人一人の幸せを本気で願っている。ソーシャルワークができているかはわからないけれど、出会った一人一人を愛している。それだけは紛れもない事実だと胸を張って言える。その気持ちだけは誰にも負けたくないなぁと思う。そして、ありったけの愛を子ども達に伝えている。それは社会に出た時からずっと揺るがず、変わらないものである。少しでも生きやすい大人が増えるように。楽しい思い出を両手いっぱい抱えて大人になる子どもが増えるように。その願いは、私の人生のテーマである。

最新記事

すべて表示

2022.9.24 竹沢昌子 ユダヤ系アメリカ人ソーシャルワーカー ローラ・マーゴリスの活動から ソーシャルワークの過去・現在・未来を考える 第43回ソーシャルワーク研究会において、1920年代にソーシャルワークの専門教育を受け、ホロコースト時代を中心にユダヤ難民の救済活動に尽力したユダヤ系アメリカ人ソーシャルワーカー、ローラ・マーゴリス(Laura Margolis, 1903-1997)につい

2022.8.15 特定非営利活動法人 東京ソテリア 塚本さやか 精神保健福祉事業者が取り組む制度外事業の一例 ~精神科病院のない国イタリアとの共同プロジェクトを中心に~ 東京都江戸川区で活動しているNPO法人東京ソテリアの取り組みとして、制度外事業として独自におこなっている事業を2件報告させていただいた。 1. ソーシャルファーム事業 東京都では、「都民の就労の支援に係る施策の推進とソーシャルフ

2022.8.1 名寄市立大学 小泉 隆文 「農福連携」という言葉は浸透しているのか? 10月23日に『農福連携とソーシャルワーク』というテーマでご報告させていただいた。報告の内容は、わが国における農福連携の現状を既存の統計やアンケート調査を用いて概観したものや、実際に私が障害福祉サービス事業所で経験したものであった。 近年、農福連携はさかんに取り組まれている。農福連携という言葉がまだない時期に、