検索

ソーシャルワーク研究会便り12

2022.3.28

佐藤亜樹


2021年度 ソーシャルワーク研究会での発表を終えて


 2021年12月25日に、ソーシャルワーク研究会のメンバーの皆様に向けて、「人間の幸福とペット~ペット喪失による悲嘆を経験している人々への専門的支援~」と題した発表を行いました。本テーマを選んだ理由は、私自身の博士論文のテーマと深く関わっていたからです。また、数年後に、本務校にて「人間の幸福とペット」という科目名で「人間の生活における動物の役割」に関する講義を担当することから、我が国のソーシャルワーク分野の先生方からのご教示を頂けたらという思いもありました。

 ご視聴下さった皆様、また、貴重なご意見を下さった先生方に、心より感謝申し上げます。皆様とのやりとりを通して、我が国においても米国と同様に、現代社会におけるペットと飼い主との関係は、自身が子どもの頃のペットとの関係とは、随分と違っているように感じました。このことは、人間の子どもの数が減少していることや、ペットが長寿化し屋内で過ごす時間が飛躍的に長くなっていることも、大きく関わっているのではないかと強く感じました。

 本テーマを研究するにあたり、国内外の文献はもとより、米国州立テネシー大学の獣医療ソーシャルワークのオンライン講座の受講、我が国で20年に渡り活動を続けておられるペット・サポート・グループへの観察者としての参加、自分自身が飼っていた猫との経験を活用しました。本発表の2週間後に、恩師のギッターマン先生が、「同様の論文がアメリカの専門誌に出ている」と送って下さり、そのタイミングにびっくりした年末年始でした。

 日本に帰国して早8年が過ぎましたが、ソーシャルワーク分野で本テーマに関する発表をするたびに、「それがソーシャルワークとどう関係しているのか」とたずねられることが多く、折に触れ、この現象は何を意味するのかと考えてきました。一度、さまざまな研究者の方々のソーシャルワークの定義を聞き、それを集約したら面白いかもしれないと考えています。

 つれづれなるままに書き進めましたこと、どうぞお許し下さい。今後は、飼い主のペットへの愛着(スタイル)が飼い主の共感性や人間同士のコミュニケーションにどのように影響をおよぼすのかを、質的・量的に探っていきたいと考えています。今後もご指導・ご助言をお願いいたします。

最新記事

すべて表示

2022.5.5 中川文奈 この度は貴重な機会をありがとうございました。私自身がとても勉強になった時間でした。 子どもたちと過ごす日々は臨機応変に対応する能力が求められるものですが、実際はチームで動くもの。目的を統一していかなければならず、自分が子どものためにと思ってやったことに対して怒られることは多々ある。自信が持てない日々がずっと続いている。挑戦ばかりで常に緊張感もあり、頭が痛くなることも多い

2022.4.22 REGIONOグループ 代表者 中島 康晴 「出逢い直し」を起点としたソーシャルワーク ‐「社会変革」を促進する方途を探る‐ 国際定義上、ソーシャルワークは、人びとのエンパワメントと解放のために社会変革を促進する専門職であることは明白である。このソーシャルワークの中核に位置付けられている「社会変革」が、少なくとも日本ではその停滞がみられている。 その原因の一つとして、この「社会

2022.4.12 澤 陽子 ふだん考えていること、大切にしていること 課題に気がつくこと。揺れる心に寄り添うこと。一緒に考えること・・。 例えば、援助希求性の乏しい人にどうアプローチをするのか。何とか得た少ない情報の中に、創造性を発揮しながら多角的に仮定しつつ、分析することに努めます。腑に落ちないことや、合理的に思えない部分には丁寧に注目し、なぜそうなのかを考えます。時には再度の情報収集に現場に